Search Placeholder

ルコゼード、アンソニー・ジョシュア

ヘビー級ボクサー、アンソニー・ジョシュアの伝記映画は、このメイド・トゥ・ムーブ・キャンペーンでジョシュアがどんなに速く動き、どんなに遠くまで来たかを称えます。

アンソニー・ジョシュアの貧しい幼少時代からスポーツの世界で頂点に立つまでの動き。この映画はまだ赤ん坊のジョシュアが公営住宅で空中に向かって足を蹴っている動きから始まります。それから彼の動くという願望は止まることがありませんでしたが、映画の中ほどで、彼は急に止まって護送車に突っ込みます。同時に彼が幼少期から才能の芽を見せていた競走やフットボールの活動も急停止します。ここがジョシュアにとって人生が転換する、映画の中の分岐点になっています。ここから映画のペースはまた上がり、ジョシュアが逮捕後に就いたレンガ積みの仕事をしているショットや、新たな天職となるボクシングのトレーニング中にジャブを出すショットも所々に散りばめられ、比喩的なショットが続きます。

この映画は、ジョシュアの家族や友人の実際の目を通して彼の物語を語っています。家族や友人の多くはこの映画に出ています。この映画はジョシュアの最大の試合がイギリスのウェンブリー・スタジアムで行われた前の週に放送されました。これは記録上最高の興行収入をあげた試合でした。この映画は試合が始まるまで、スカイ・ボックス・オフィスの最終スポットを含め、全ての重要な節目で上映されました。この映画では緊張感が徐々に高まり、最後にジョシュアが2015年の試合でディリアン・ホワイトを制したノックアウトの実映像で頂点を迎えます。映画は「じっとしていて、前進した者はいない」の言葉で終わります。