Search Placeholder

機内でお会いしましょう

アルゼンチンには、2018年にフライボンディが就航するまでLCCがなかった。

アルゼンチン初となるLCCのフライボンディが就航した。しかし同航空会社は航空券が安いだけではなく、広告費も安く抑えている。しかし、議員にはフライボンディの運賃よりもはるかに高い航空券が毎月20枚割り当てられており、それらはアシスタントや家族に譲渡したり換金すらできる航空券であるということもわかった。

国家予算の審議日に合わせて、審議に参加していた329人の議員に的を絞り、固定及び動く看板を用いて、旅費を最大50%節約するためにフライボンディに乗り換えることを提案した。また、全議員にTwitterを通して連絡を行なった。PRに注力したこと、また内容も的を得たものであったことから、329人の議員に乗り換えを提案できただけではなく、無数のアルゼンチン人の注目を集めることもできた。フライボンディは2018年に非助成認知度で国内第3位の航空会社となったのだ。

この件は大きな話題を呼び、フライボンディのキャンペーン後には、航空券の交換を禁止する法律の草案が提出された。