Search Placeholder

SAU、タブーを破る

本コマーシャル撮影中に実際に検査を行うことで、前立腺がんスクリーニング検査に関するタブーを打破しました。

前立腺がんは、成人男性に最も多いがんであり、50歳以上の男性には全員に年に一度の定期検診が推奨されています。早期発見で多くの命が救われる可能性があるにもかかわらず、こうしたがん検査はこれまで、話題にしにくいテーマでした。加えて、検査が不快で痛みを伴い、侵襲的なものであるという通念も一般的です。実際の検査はそうした思い込みとは異なるものであることを伝え、より身近なテーマとして感じられるようにするため、アルゼンチン泌尿器学会(SAU、Sociedad Argentina de Urologia)は出演者がトーク中に検査を行うというラジオ広告を作成しました。

広告の最後に、出演者は、アルゼンチン泌尿器学会のソーシャルプラットフォームで検査の動画を視聴して、検査が非侵襲的であることを確認するようリスナーに呼びかけます。この動画は、同学会史上最もコメントされ、共有されたコンテンツとなりました。最初の数週間で、ソーシャルメディアでの視聴数に加え、検査や詳しい情報に関する問い合わせの件数が6倍に増加しました。行動を変えるには、認識を変え、タブーを破るだけで十分な場合もあるのです。