Search Placeholder

パンテーン、Baby Chanco

私たちは、フサフサ髪の小さなソーシャルインフルエンサー、Baby Chancoを、世界中の人の心を和ますパンテーンのモデルに大抜擢しました。

日本には、右にならえの文化があります。実際、20代の日本人女性の2人に1人が「自分が他人と違うことをしたり、違って見えたりすると不安に感じる」と述べていることが、調査で明らかになっています。2018年に、パンテーンは「The Power to Transform」という新たなブランド方針を発表し、人と異なること、右にならうのではなく自分だけの個性を持つことを奨励しました。ある女の赤ちゃんがとんでもなくステキなボリュームヘアで生まれましたが、それは日本人の赤ちゃんの大多数とは全く異なっていました。彼女の母親のもとには、肯定否定の入り混じった様々な反応が寄せられました。

1歳になる赤ちゃん、Baby Chancoは、パンテーンの日本における新たな顔となり、思いがけずもインフルエンサーとなって、愛と受容というパンテーンのメッセージを広めるお手伝いをすることに。2018年12月、Chancoの1歳の誕生日には『The Hairy Tale by babychanco』と題されたショートムービーが公開されました。そのストーリーは、皆がお互いの個性を受け入れよう、その違いこそが私たち皆を特別なものにしているのだ、というものです。パンテーンとBaby Chancoは、違いが受け入れられると世界はずっと良い場所になる、ということを示しました。