Search Placeholder

ザ・チョイス

今こそ白人のアメリカが反人種差別主義者になる時

私たちの国がジョージ・フロイドの殺害で揺らいでいる中、当社最大の顧客の1つが何かしなければならないという切迫感を感じ、私たちに助けを求めました。何を言うことができるのか?このような時にブランドがすべきことは何か?私たちが行ったり発言したりすることで役に立つかもしれないことは、何かあるだろうか?私たちはLAの兄弟代理店カートライトと協力して、実際に変化を生み出すかもしれないP&Gからの飾らない率直なメッセージを開発しました。P&Gがこのテーマを扱うのは初めてではありませんでした。彼らは最初、『ザ・トーク』と『ザ・ルック』で人種に関する重要な会話を始めました。それは、理解を作り出す大勢の主流に属するオーディエンスたちとの会話です。理解は共感につながり、共感は行動につながります。私たちは何よりも、この3つ目のものが必要でした。人々を動かし、多くの人にソーシャルメディアで気持ちを表現するだけでなく、何か行動してもらうためです。このフィルムは、反人種差別主義者としての行動を起こし、黒人の人たちが単独では勝つことのできない闘いを助ける白人の責任について伝えています。これは一回限りのものではなく、「テイク・オン・レイス」と呼ばれる継続的な反人種差別主義プログラムの一環であり、様々な情報を提供するウェブサイトと、反人種差別主義組織を支援する500万ドルの資金でスタートします。