Search Placeholder

パンテーン I 休暇に帰省するとき

パンテーンが、休暇中に変化を起こせるパワーを応援します #BEAUTIFULGBTQ

休暇は普段離れて暮らす大切な人たちと集まって過ごす機会。でも、それが簡単ではない人もいます。何百万人という人々が休暇で故郷に帰る準備をする中、LGBTQの44%が本当の自分のままで帰省することができないと感じ、アイデンティティが受け入れられないのではないかと不安になっています。

休暇中の帰省については、LGBTQ+の一人一人が異なる事情や考えを持っていますが、全ての人の願いは愛する人たちに囲まれ、自分を受け入れてもらうこと。パンテーンの「休暇に帰省するとき」は、家族を想う機会が増えるこの季節に多くのLGBTQ+の人々が経験する困難に光を当てるだけでなく、個性と愛の素晴らしさを称え、真の美しさとは何かを思い出させてくれます。

GLAADおよびトランス・コーラス・ロサンゼルスとのコラボレーションで贈る「休暇に帰省するとき」では、心を打つ名曲「ビー・ホーム・フォー・クリスマス」に乗せてコーラスのメンバーが故郷に帰る準備をする様子が映し出されます。ビデオでは不寛容により歓迎されない状況から楽しく愛情に溢れたひと時まで、4人のコーラスメンバーのストーリーが力強く描かれています。