Search Placeholder

オープニング・アクト

無名の作家の短編をコロンビアの古典にこっそりとすべり込ませて、私たちは新しい世代の才能のために場所を確保しています。

コロンビアの一人あたりの年間読書冊数は2.2冊で、その2冊はたいていは古典かベストセラーです。若き無名作家がチャンスをつかむきっかけは皆無です。自分の作品の出版はミッションインポッシブルです。エコペトロールとペンギン・ランダムハウスは、コロンビア人作家の新しい波との関わりを誇示したがりました。彼らの目的は明確でした。それは、販売促進にあまり経費をかけずに新人作家の読者数を大幅に増加させることです。そのために彼らは新人作家の小説の作品例を紹介して読者の心をつかみ、彼らを刺激して、コロンビアの新人作家を試させます。ローリング・ストーンズが舞台と聴衆を無名バンドに貸すことができるなら、ノーベル賞作家が無名作家に同じことができないはずはないでしょう。ノーベル賞作家のマリオ・バルガス・リョサやガブリエル・ガルシア=マルケス、コロンビアで売り上げトップの作家であるヘクター・アバドによるベストセラー・コレクションが2017年のボゴダ・ブックフェアで紹介されました。それぞれの古典小説には無料のおまけのコンテンツ(無名の新人作家による小説の第一章)が収録されていました。一流作家の既存収益に作家の新しい波が便乗できる単純な考え方です。この方法でコロンビア人の無名作家は文学の伝説と舞台を共有することができます。