Search Placeholder

K+、フレンドシフト

学校で友達を作ろうとする女の子の物語を通じて、アプリ「K+」の使いやすさについては子供たちみんなの意見が一致しそれでみんながつながれることが伝えられます。

知らない人たちの間に入っていくときは誰でも少し不安だし気まずく感じるものですが、タイの人々には特にそのような傾向が見られます。グレイnJ ユナイテッドはカシコン銀行と提携して「フレンドシフト」を制作し発表しました。これはもといた所の親友の力を借りながら転校先の学校で友達作りに明るく奮闘する女の子のストーリーです。ヒュイはバンコクで勉強するため故郷の町を離れようとしています。唯一の友達クルエーにバス停でさよならを言うヒュイですが、転校先の学校で友達を作れないのではないかと不安に思っています。クルエ―はヒュイに新しいクラスメートに自分から話しかけてみるよう勧めますが、言うは易し行うは難しです。

クルエ―の勧めに従ってヒュイは誰でも知っていること、誰でも使うもの、シンプルで主流を行くものについて話してみます。何回も失敗した後、ヒュイは親友の’s 最後の提案に従ってカシコン銀行の無料モバイルバンキングアプリ「Kプラス」について話し始めてみました。フィルムでは生活のあらゆる場面で問題を解決してくれる仕組みとしてのKプラスアプリが紹介されます。このアプリはとても使いやすいのでみんな使っています。だから会話の糸口にぴったりなのです。ついにヒュイは成功します。この素晴らしい映像はユニークなストーリーテリングで 普遍的な真実を物語っています。