Search Placeholder

ブルラジオ、行われることのなかった試合

悲劇によって実現しなかった、コロンビアのサッカーの試合をオーディオで追悼試合として再現した。

シャペコエンセは地元ブラジルチームで、2部リーグから這い上がり、南米カップ決勝への出場権を獲得したチームです。悲しいことに、彼らは最も重要な試合に参加するため、コロンビアに向かう途中、旅客機墜落事故に見舞われた。チームの全員が亡くなり、2016年の南米カップ決勝戦は行われることはなかった。試合を放送する予定だった、コロンビアのスポーツ放送局ブルラジオは、事故から1年後、亡くなった選手たちによる行われることのなかった決勝戦を再構築し、心温まる追悼を行った。これは、行われていればどのような試合だったかを完全にオーディオで再構成したものだ。ブルラジオは、シャペコエンセの過去10年間で最も記憶に残る試合から、800以上のシーンの録音を集めて、90分の試合をオーディーオで作成した。編集は、ナシオナル(ライバルチーム)と共同で行われ、途切れのない1つの試合、『行われることのなかった試合』が完成した。この試合は、1年前に決勝戦が予定されていた同じ日程の同じ時刻に、ブルラジオから全国規模で290万人以上に向けて放送され、亡くなった選手たちに心からの追悼の念が送られた。