Search Placeholder
デイヴィッド・グリナー、AdWeek | February 28, 2020

クリスマスの帰省をめぐる、パンテーンの素敵なLGBTQ支援メッセージ

全体の44%が家族の前では本当の自分でいられないと回答

「クリスマスを我が家で」は、1943年に第二次世界大戦で家族から引き離された米国兵士を賛美して作られた時から、最も悲痛なクリスマスソングのひとつであり続けてきた。

その曲名とクリスマスの飾りつけをありありと描写する歌詞のおかげで、各コーラスの最後につきまとう「クリスマスには帰るよ、せめて夢の中だけでも」という警告のことは忘れがちだ。

記事全文はAdweekで。