Search Placeholder
LBBの記事 | July 13, 2020

LBB:落合由紀子との5分間

グレイ東京の社長兼CEOが、チャンコとの仕事、日本の広告業界における女性の活躍、オリンピック延期の影響、そして彼女が辛い仕事も厭わない理由について語ります。

落合由紀子は、2011年にGREY東京に入社して以来、刺激的なキャリアを歩んできました。しかし、社長兼CEOにまで上り詰めたにもかかわらず、彼女は昨年の日本広告業協会の会議で、自分が「女性の戦力」であることを実感した瞬間をピンポイントで指摘します。35人の男性が集まった部屋の中で唯一の女性として過ごした「一瞬」が、山積する課題の存在を示し、自分が女性クリエイターのために物事を変える力と責任を持っていることを証明しました。

おそらく、落合由紀子には意欲があり、また日本の人々がいかに違いを受け入れていないかを理解しているからこそ、あらゆる姿かたちで個人を高揚させ、祝福するキャンペーンを作ることができるのではないでしょうか。

記事全文を読むには、リトル・ブラック・ブック・オンラインをご覧ください。