Search Placeholder
シュートオンライン | February 26, 2021

2021年業界展望調査の回答:ジャスティン・アーマー

2021年業界展望調査の回答:ジャスティン・アーマー

1. 2020年に学んだ最も関係の深いビジネス的もしくは創造的な教訓は何ですか?また、それを2021年にどのように活かしますか?

皆が同じような生活を送ると、皆が同じようなアイディアを思いつきます。昨年は悪い創造実験のような年で、大規模なモノカルチャーの中で何百万人もの人々が孤立しました。あるアイデアが浮かぶと同じアイデアが他の5つの場所にも現れます。これは非常に憂慮すべきことです。私はまだ家の中にいますが、今年は意識的に目、耳、心にもっと興味深い刺激を与えようと思います。

2.新型コロナウイルスの世界的大流行から社会的正義や・人種平等を求める声の高まりいたるまでの2020年の出来事は、あなたが作成するコンテンツや仕事のやり方にどのような影響を与えると思いますか?

私たちは昨年、P&Gと共同で、平等を訴えるために次のようなプロジェクトを行いました。その中には、パンデミックにおける男女平等を訴える作品、性的少数者の平等を訴える心のこもったLGBTQ+ストーリー、そしてオプラがフィードバックをした『The Choice』という白人特権を扱った90秒の映画があります。私たちはP&Gと一緒に仕事ができて幸運です。なぜなら、P&Gは人種問題に関する対話の促進に長い間携わってきているため、恐れずに強い姿勢で対話を前進させる作品を作ることができるからです。昨年は、黒人の同僚たちが職場で自分の価値を実感できるような企業文化を作ることが急務となりました。なぜなら、私たちは、彼らの視点が作品に影響を与え大衆の心の中に入り込むことを強く望んでいるからです。広告は大衆に強力な影響を与えることができます。そして私たちは、自分たちが手掛ける作品を通して、黒人の人々にとってより平等な未来を形作る上での私たちの役割を確かに見い出しています。

3. 創造的観点あるいはビジネスの観点から、2021年の業界の未来はどのようになると予測しますか?

真実、深さ、意味をより重視するようになります。それに、平凡さ、喜劇要素、逃避もです。

4.創造的観点あるいはビジネスの観点から、2021年のあなたの会社、部門、スタジオ、ネットワークの目標は何ですか?

心から幸せであり、互いに支え合い、誇りに思える仕事をしているチーム。これが常に私の目標としていることです。

5. 2021年初めの今取り組んでいるプロジェクトの1つについて教えてください。

私は世間に出る前のものについて話すのは縁起が悪いと思っています。完全に完成したプロジェクトであっても、あまりうぬぼれると神に呪われてしまうことがあります。新しいクライアント向けの楽しい仕事、スーパー・ボウルのスポット広告、楽しみにしている銃の安全性に関する仕事、そしてP&GとVolvo共同の面白い仕事などがあります。運試しをすることなく言えるのはこれだけです。

6. あなたの会社、代理店、ネットワーク、サービス、スタジオは、2020年の市場にどのように適応/順応しましたか(新戦略、リソース、テクノロジー、健康/安全に関する専門知識)また2021年はそれらからどのような良い兆候が見られますか?

私たちはMicrosoft Teamsに依存していますが、常にそうなる未来が見えています。ワクチンを接種した後でさえ、私たちはみなリモートで仕事をするようになると予想しています。

7.創造的観点あるいはビジネス的観点から、代理店、部門、会社の新年の抱負を教えてください。

WPPは昨年末にグレイとAKQAの合併を発表し、一部の業界紙はそれをグレイブランドの死と呼びました。まるで死んだも同然でした。グレイは死んではいませんが、そのイメージは、あのような1年の終わりには臨死体験をしたかのようなものになりました。今年はそれを最大限に活用し、時間を無駄にせず、最高にクリエイティブな生活を送りたいと考えています(おそらくあと半年間アパートに閉じこもりながら)。

シュートオンラインでの特集