Search Placeholder

スウェーデン観光協会、スウェーデン番号

私たちは、見ず知らずの人を電話でランダムにスウェーデンの人とつなぐことで、スウェーデンの言論の自由250周年を祝いました。

スウェーデンは、人々が自分の思ったことを話すことができるオープンな国として知られています。1766年にスウェーデンは検閲を廃止した世界で最初の国になりました。そこで、250年後、スウェーデン観光協会がより多くの人々にスウェーデンを訪れてほしいと考えていた記念の年に、国外の人々に無検閲の真実を伝えることにしました。世界初の国として、スウェーデンは独自の電話番号を設けました。海外から電話をかけると、スウェーデンのどこかのスウェーデン人にランダムでつながるのです。言論の自由の名の下で、どんなことでも話せるようになったのです。

スウェーデン番号により、国の印象はスウェーデンの人々自身に委ねられました。何も検閲されず、あらかじめ仕込むこともありません。人々がどんな意見を持ったとしても、その全てが大事なのです。スウェーデン番号は通常の電話を使って電話をかける人ならだれでも利用できますが、海外からに限定されます。スウェーデン人が「電話大使」に登録するのは、アプリをダウンロードするだけでした。世界中から100万件以上の着信があり、回答するスウェーデンの人々は、地理的に、社会経済的に、また年齢や意見の観点からも、社会の全ての部分の代表者となりました。キーボードの裏に人々が隠れているデジタルな社会では、スウェーデン番号はスウェーデンとの個人対個人の素晴らしい会話を生み出し、スウェーデンの価値観に焦点を当て、世界を少し小さく感じられるようにしました。