Search Placeholder

プリングルズ缶に「ハマった」

プリングルズの缶から一生手が抜けなくなったとしても、最後の1枚をつかむ価値はある?もちろん。

プリングルズのCMが5年連続でスーパーボウルに登場しました。プリングルズを食べる人の43%が経験したことのある厄介な現象に焦点を当てた30秒のスポットCMです。ライオネル・リッチーの曲「スタック・オン・ユー」が流れる中、ホームパーティーで若い男性がプリングルズの缶の底にある最後の1枚を取ろうとする場面から始まり、そのまま手が抜けなくなって一生を送るという内容になっています。この冗談交じりのキャンペーン広告は、誇りを持ってプリングルズ缶に手をはめ込み、ビッグゲーム観戦に「ハマる」ようスポーツファンを誘います。

このCMは今も業界やファンの共感を呼んでおり、滅多に得られないアドエイジ(Ad Age)の5つ星中5つ星の高評価を獲得しました。アドエイジは同CMについて、不条理主義的なユーモアを交えた愉快な力作と評価しました。その翌日には、名誉あるクリオ賞(Clio)のスーパーボウル部門の審査員によるトップ5のスコアを獲得しました。また、モーニング・コンサルト(Morning Consult)により、スーパーボウルのCMの中で最も人々に愛された広告の1つとしてランク付けされました。さらに、広告業界誌シュート(Shoot)の週間最優秀スポット賞などにも選出されました。