Search Placeholder

ジレット、Handle With Care

当社は、タイム誌による「Inventions of the Year」(年内最高の発明)の一つに選出された作品を生み出すお手伝いをし、その後その発明の重要性を伝えるストーリーを語りました。

2015年と2060年の間に、他のどの年齢層よりも身体に障害を抱える率が高い85歳以上の人口は、600万人から1800万人に増加すると見られている。介助者は平均して週24時間を身づくろいのような活動に捧げているが、このプロセスは高齢者と介助者の両者にとって非効率的で、リスクが高く、心地よくないものである。

100年以上にわたるカミソリのイノベーションの中で、何千ものカミソリが個人使用のために設計されてきた…しかし、他の人に使用するために設計されたものはひとつもなかった。身づくろいは介護を受ける男性にとって正常な状態と尊厳を保つために最も重要な方法のひとつであり、ジレットは介助付きヒゲ剃り経験を劇的に改善する機会を見出した。

ゴールは、直観的で実体的なイノベーションにより、有意義で長続きする方法で介護に影響をもたらすことであった:もしカミソリが他の人への使用のために再設計されたら、どんな形になるだろうか? 持ち手の人間工学や刃の経済性、肌に塗る製品等、機能面での主要な課題がいくつかあり、また尊厳や使い勝手、快適さ等の個人的な課題もあった。こうして世界初の、他の人を剃るためのカミソリ、Handle With Care が生まれた。このイニシアチブは、すべての男性が、どんな状況にあろうと、いつも最高の状態でいられることを叶えようとする、ジレットの約束である。たとえ男性たちが少々の助けを必要としているときも。