Search Placeholder
ブリトニー・キーファー | November 15, 2019

グレイを欧州で最もクリエイティブなネットワークにした男

受賞歴を持つ「It's a Tide ad」のクリエーター、ハビエル・キャンポピアーノが大望を抱いてグレイに移籍してきました。

ハビエル・キャンポピアーノがグレイヨーロッパとグローバルクライアントを担当する最高クリエイティブ責任者に就任してまだわずか数週間です。大半の方々はキャンポピアーノをカンヌ・グランプリとD&ADブラックペンシルを受賞した「It's a Tide ad」 (同氏がサッチ&サッチ・ニューヨークで最高クリエイティブ責任者を務めていた時代の作品) の生みの親としてご存知でしょう。しかし、大きな目標を掲げるキャンポピアーノにとっては、グレイを欧州で最もクリエイティブな広告ネットワークにするという新たな章の幕が開けるのです。 

キャンペーンではキャンポピアーノに新しい役職で最も優先する仕事、自分のキャリアを決定づけた広告、そして自身の最高傑作へとつながったミスについてインタビューしました。全文はこちら。