Search Placeholder
パトリックコーヒー | November 15, 2019

Adweek: Q&A: 引退を発表した GreyのJim Heekin社長が広告に携わった45年間を振り返る

広告代理店の再建専門家がマーティン・ソレル、ジェイムズ・パタースンと談話

広告業界が滅びようとしているという話を、近頃、耳にしたことはないだろうか?ジム・ヒーキンはその話を笑えるほどたくさん聞いてきた。

マイケル・ヒューストンの前に、14年近くにわたりWPPネットワークをけん引したGreyの会長は2017年にCEO職に就任、そして今週、彼がかつて「私が自分が最もいたくない場所」と表したビジネスで45年間を費やした後に退陣を告げた。そんな彼にアドウィークは人生の浮き沈み、虚構と現実、そしてマーティン・ソレルとジェイムズ・パタースンという2人の全く違った名士との仕事について問いかけた。

このインタビューはスペースと明瞭さの観点から編集されたものである。

アドウィーク:会長職に移ってからは何をされていたのですか?

ジム・ヒーキン:[笑い] 我々はかなり長きにわたる移行期を経験しました。それは1年半ほどです。その理由の1つは、私が回りを見渡し、「よし、ついに時が来た。マイケルに任せる。」と言ったからです。私はこのビジネスにこれまで費やしてきた年月を顧みて、こういった移行でうまくいったと言えるようなものをほぼ見たことがありませんでした。私は実際それを正しく行うことにとらわれていて、最後の1年半はその種まきをしていました。マイケルにすべての号令をかけさせ、私はかなり身を引いていましたが、毎日そこにいて助言や忠告をしたり、質問に答えたり、あらゆる物事の財務的な部分を見ていたのです。

記事の全文は、こちらのアドウィークでご覧になれます。