Search Placeholder
アイシェン・シャーウッド | November 15, 2019

アドエイジ:現代生活が抱えるフラストレーションと国立公園のこの広告との深い関係性

Greyニューヨークが人々の苛立ちを自然空間への入場無料化に結び付ける

現代生活は細々とした侮蔑的待遇であふれている。利便性は落第点であり、代替は存在しない。大量輸送交通機関は、他人地獄だ。
Greyニューヨークが挙げる、国が運営する公園の最新スポットでの問題は、イライラするほど長ったらしい説明である。1日を無駄にするほどの支障はないかもしれないが、それが積もりに積もるので山となるのは必至だ。大声での通話が公共スペースを刑務所のように変えてしまい、自動化されたカスタマーサービスは大声でどなられようとお構いなしだ。駐車場は人々を殺伐とさせ、いつも問題の引き金となる。
アドエイジの記事の全文はこちらをご覧ください。